YATAROヒストリー

私達は常に時代と共に変化してきました。時代により人々の求めるものも変わっていきました。
そしてこれからも時代と共にヤタローグループは変化し続けます。

〜1960

・戦前、中、後による物不足 日本は大量生産・大量消費によって経済を回復に向かわせた。

・大量生産

1933.02

・ヤタローパン創業。 浜松市板屋町においてパン・菓子の製造販売開始。

1963

・丸塚工場建設

・工場建設により大量生産が可能に

1954〜1973

・高度経済成長 戦後、長期にわたり経済成長率(実質)年平均10%前後の高い水準で成長を続け、欧米化が進んだ。

・量から質
・物から文化
・欧米化

1966

・シャンボール創業 静岡県西部・中部にて地域に根ざしたパン屋「シャンボール」のスタート。浜松で初めてフランスパンを焼き、話題となった。(ベーカリーショップ事業)

・浜松ではじめてのフランスパン シャンボールの袋を持って街を歩くのがファッションに。

1985

・プラザ合意 1985年9月22日、NYのプラザホテルで開かれたG5蔵相会議での決定事項。5カ国が協力して「ドル安」を推進することを決定した。

・食のグローバル化

1983

・マレーシア進出(1983) マレーシア・クアランプールにインストアベーカリーとして出店。海外事業がスタート。

・クアラルンプール進出(2013) 2011年に立ち上げた、焼き立てラスク専門店「RUSCO(ラスコ)」ブランドがクアラルンプール進出。

・海外への挑戦のはじまり 海外事業では、マレーシア、シンガポール、ブルネイ、中国、インドネシアなどへ挑戦し続けている。

1985

・女性の社会進出
・男女雇用機会均等法の制定

・中食(なかしょく) 総菜や弁当などの、調理されたものを自宅で食べるという意味。

1985〜

・にんじん亭(デリ)合併(1985)
・できたて市場(デリベーカリー)(1993)
・シャンボールキッチン(2006)
女性の社会進出を背景にベーカリーショップ『シャンボール』とお惣菜・お弁当の『にんじん亭』を融合。手軽にできたての惣菜を購入できるデリベーカリーショップ「シャンボールキッチン」をスタート。

・新シャンボールキッチン(2015)

・ベーカリーの進化系の
 デリベーカリーを始める
「ものづくり」から「シーンづくり」へ

2005

・郵政民営化法 成立
・LLP法 成立
・会社法の制定

・官から民へ 国家財政の危機

2005〜

・LLP設立(2005)
・指定管理業務開始(2006)
浜松市では初めての指定管理者として、福祉施設等の受託を開始した。

・PFI事業参加(2006)
・学校給食の調理加工業務スタート(2006)

・静岡県初のLLPを設立
・浜松初の指定管理者に
・静岡県初のPFI事業に参画

2011〜

・東日本大震災(2011)
・SNSの普及

・もの → 心 へ 人と人とのつながりが大切に

2008〜

・給食事業拡大(2008〜) 医療センターの給食調理運営をスタート。これを皮切りに、高齢者福祉施設の給食業務の運営に力を注ぐ。

・カフェレストラン
「C-DINER」をスタート(2008)
主に病院、福祉施設などの施設内にあるカフェレストラン運営を開始。施設利用者の皆様にゆったりとくつろいでいただける食事、空間、サービスを提供している。

・スイーツ事業拡大 治一郎の店舗を、静岡パルコ(2008)、ラゾーナ川崎(2010)を皮切りに各所で展開。

・心に感じる食事
・心に感じる美味しさ
「ものづくり」から「サービス」へ

2013〜

・和食無形文化遺産(2013)
・TPP(2016〜)

・ 日本食のグローバル化
・インバウンド

2014〜

・食文化館設立(2014)
・インドネシア進出(2015)

・日本の食文化を世界へ

2015〜

・超高齢化社会
・機能性表示食品制度

・医療費増大
・健康寿命
・規制緩和

2014〜

・プロジェクト8発足(2014) 「食と健康」をテーマに壮大な12年計画のプロジェクト発足。浜松から全国へ。日本から世界へ。

・給食事業東京進出(2015)

・食のイノベーション 80年のノウハウの集大成。新しい「食」と「健康」のあり方をつくる。

▲ページトップ