ホーム > 企業情報 > 沿革
沿革

沿革

1933年(昭和8年)
  • 2月
  • 中村時商店として創業。浜松市板屋町に於いてパン、菓子の製造販売開始。
1948年(昭和23年)
  • 8月
  • 株式会社ヤタロー設立。代表取締役に中村時就任。
1951年(昭和26年)
  • 2月
  • 学校給食パン委託加工指定工場となる。
1977年(昭和52年)
  • 6月
  • 中村伸宏(現CEO)、代表取締役社長に就任。
1981年(昭和56年)
  • 11月
  • 洋菓子製造販売の(有)奥田商店がヤタローグループに参加。 
1983年(昭和58年)
  • 7月
  • マレーシア・クアラルンプールに海外初となるインストアベーカリーを出店
1993年(平成5年)
  • 6月
  • あんぱん専門店、「あんぱん本舗」開店。
  • 7月
  • 磐田市内のスーパーに、デリベーカリー1号店である「できたて市場」を出店。
1995年(平成7年)
  • 1月
  • 浜松市内の総合病院に院内食堂「彩香」、「ハーモニー」を開店。
1996年(平成8年)
  • 10月
  • 浜松市内の中高一貫校で、学生食堂1号店をオープン。
1997年(平成9年)
  • 8月
  • 「シャンボールガーデン丸塚店」オープン。
2004年(平成16年)
  • 3月
  • 磐田市内の工場で社員食堂をオープン。
2005年(平成17年)
  • 4月
  • 浜松市内の養護施設で給食調理業務を受託。
2006年(平成18年)
  • 4月
  • サンライフ浜北、高齢者ふれあい福祉センターの運営を受託。
  • 4月
  • 浜松市内で学校給食調理業務受託を開始。
2008年(平成20年)
  • 4月
  • グループ従業員が1200名を超える。 浜松市内の学校給食民間委託のシェアNO.1に。
  • 7月
  • 「石窯パン工房シャンボール入野店」オープン。
2009年(平成21年)
  • 4月
  • 浜松市総合産業展示館の運営を受託。
  • 4月
  • 静岡県立森林公園「森の家」の運営を受託。
  • 4月
  • 「工場直売店(ヤタローアウトレットストア)オープン。
  • 12月
  • 「治一郎 大平台本店」オープン。
2010年(平成22年)
  • 5月
  • 首都圏初の菓子店舗、「クーヘンスタジオ治一郎ラゾーナ川崎プラザ店」オープン。
2011年(平成23年)
  • 4月
  • 「国民宿舎奥浜名湖」の運営を受託。
2013年(平成25年)
  • 6月
  • マレーシアに、合弁会社「YATARO MALAYSIA SDN BHD」を設立。
2014年(平成26年)
  • 1月
  • 「株式会社 治一郎」を設立。
  • 8月
  • 「渡来食文化研修センター」併設の技聖センターを「食文化館」として運営開始。
2015年(平成27年)
  • 4月
  • 千葉県内の私立高校に、県外初となる学生食堂をオープン。
  • 8月
  • (株)治一郎、「FSSC22000」の認証取得。
  • 12月
  • インドネシア(ジャカルタ・ガンビル)に現地独資法人運営の「富士山鯛焼」1号店をオープン。
2016年(平成28年)
  • 3月
  • 東北初の菓子店舗「治一郎 エスパル仙台店」オープン。
  • 3月
  • 「東京日本橋事務所」を新設。
  • 9月
  • 九州初の菓子店舗「治一郎 福岡パルコ店」オープン。
2017年(平成29年)
  • 4月
  • マレーシア・クアラルンプールに和カフェ(Wa Café)オープン。
  • 8月
  • (株)ヤタロー 金沢出張所を新設。